メインメニュー

最新の記事

特定非営利活動法人
ふりーす

〒732-0052
広島市東区光町2丁目9-30
竹本ビル2階 201号
TEL/FAX.082-567-6603

  • 児童デイサービス事業
  • 生活介護事業
  • 居宅介護支援事業
  • 障がい児・者のための
    生活支援事業
  • 保護者・家族のための
    生活支援事業
  • レクリエーション事業
  • 講演会・研修会事業

トータル

今日

昨日

ブログ 日々の活動

726件中 6-10
[前のページへ] [トップへ戻る] [次のページへ]

パズルの様子。

2021年11月24日(水曜日)

最近、一部の子供達ですが、パズルがヒートアップしています。
いかに早く難しいパズルを完成させるか!
みんな完成図なんか見もしないでひたすらマッチさせていきます。
とてもじゃないが我々凡人には完成図を見てもなかなかマッチできません。
彼らの才能は恐るべし‼︎

施設長  竹内

ライトアップ⭐️

2021年11月22日(月曜日)

先日仕事終わりに広島空港近くの三景園へ、紅葉のライトアップを見に行きました🤗
紅葉の葉が鮮やかな赤や黄色に変わっており、ライトアップされて水面に映っている様子が幻想的でした☺️
また、先週から縮景園でも紅葉のライトアップが始まったので、カメラを持ってこちらも行ってみようと思っています(´O`)

職員  大牧

令和3年度 放課後等デイサービス自己評価総括  ほーぷデイサービスセンター・キララ

2021年11月22日(月曜日)

〇環境・体制整備・業務改善
・今年度より区分が廃止されましたが新たに心理専門員の配置を行い、保育士1名・児童指導員2名・心理専門員1名・児発管1名の5名体制で行っています。依然として新型コロナウイルスの感染は広がり続け緊急事態宣言も出され、活動内容も制限される部分はありました。長引くコロナ禍で職員・利用者も対応方法に慣れてきてマスク・手洗い・消毒・換気の徹底はスムーズに行えるようになりました。子どもたちは検温も家庭・学校・デイと定着したと思います。
・職員の変動もなく安定していましたが社外研修は殆どがwebでの開催なので時間の調整が難しくあまり参加はできていません。社内の会議・ミーティングは通常通りに行う事が出来ました。

〇適切な支援・連絡体制
・一斉休校という形のものはなく、学校やクラス単位での休校は時折ありましたが通常の開設には影響がなく、長期休暇も通常通りに行えました。ただ例年は夏休みに行っていたイベント等も中止としました。部屋での課題はそれぞれ別のテーブルで行い、外ではなるべく遊具を使わないように活動しましたが難しい部分は多くあります。なるべく体を使いストレス発散が出来るようには活動しています。
・保護者との面談は希望者(5人程度)のみ行い、他の方は電話や送迎時での聞きとりをさせて頂きました。担当者会議も殆どが開かれず、電話やFAXでの連絡となり細かい所まで伝えきれていない部分はありますが、少しずつコロナ禍が落ち着くにつれて開催されるようになってきますので協力したいと思います。

〇非常時等の対応
・7月後半~8月にかけ新型コロナワクチンの優先接種を受け接種完了となりました。職員から子どもたちへの感染リスクは減りましたが、ブレイクスルー感染等もあるため、今後もマスク・手洗い・消毒・換気は継続します。
・府中町は水害・津波被害の指定地域なので避難訓練は今年も年2回行います。

令和3年度 放課後等デイサービス自己評価総括 ほーぷデイサービスセンター

2021年11月22日(月曜日)

〇環境・体制整備・業務改善
・今年度より区分の廃止となり職員体制は保育士2名・児童指導員1名・児発管1名の支援体制となりました。依然として新型コロナウイルスの感染は広がり続け緊急事態宣言も出され、活動内容も制限される部分はありました。長引くコロナ禍で職員・利用者も対応方法に慣れてきてマスク・手洗い・消毒・換気の徹底などはスムーズに行えるようになりました。検温も子どもたちは家庭・学校・デイと定着したと思います。
・職員の変動も無く安定していましたが、社外研修は殆どがwebでの開催となり、時間帯等の調整が難しくあまり参加できませんでした。社内の会議・ミーティングは通常通りに行うことが出来ました。

〇適切な支援・連携体制
・今年度は部分的な休校はありましたが一斉ではない為に体制を変える事なく通常の活動に近い活動は継続できるよう努力しました。部屋の中ではなるべく個別に分けるよう指示し、外ではなるべく遊具を使わない活動を行いました。学校でも色々な制限があるなか活動しているため、子どもたちのストレスは大きなものがあり、外では体を使い元気よく動いてストレス発散が出来る活動を中心としました。
・保護者面談は希望される方のみ行いましたが通常の3分の1程度でその他の方は電話での聞きとりとさせて頂きました。学校連携は毎年夏休みに行いますが、行える状況ではないため、今年も行えませんでした。9月以降は先生方と話せる機会も出来るようになり、担当者会議も面談で行える機会が多くなりました。相談支援事業所とも細めな連絡をとるよう心がけており、必要に応じて担当者会議の要請を行っています。

〇非常時等の対応
・コロナ禍で自治体からのマスク・消毒液の支援もあり、緊急時の備蓄も行えています。7月後半~8月にかけ新型コロナワクチンの優先接種を受けることができ、職員の殆どが接種完了となり、職員から子どもたちへの感染リスクはかなり小さくなりました。ただブレイクスルー感染等もあるため、今まで通りのマスク・手洗い・消毒・換気は今後も継続します。
・今年に入り増加傾向にある地震にも備え避難訓練も行います。

あやとりブーム

2021年11月19日(金曜日)

最近ほーぷではA君をきっかけにあやとりブームです!
はしごやゴム等出来ないものは本を見たり職員に教えてもらいながら頑張って作っています。
私も小学生の時以来なので出来るか不安でしたが、意外と覚えているものでびっくりしました!!(笑)
あやとりは複雑で覚えるのも教えるのも難しいので、子どもたちと一緒に楽しく新しいものを作ろうとみんなで夢中になっています。

職員  原田

726件中 6-10
[前のページへ] [トップへ戻る] [次のページへ]